習い事(ピアノ③)先生からの依頼

【長女】はい、これお父さん用!

【ビン父】⁉︎

 

当時小3の長女から楽譜を受け取りました。

 

楽譜にピアノ教室の先生の手紙が添えてあります。

「秋に発表会があるので、○○ちゃん(長女の名前)と一緒に出てくださいね ♫」

 

 長女との連弾をお願いされてしまったのです・・・

 

依頼があったのは5月。

発表会は10月。

 

そういえば、その1〜2カ月前、長女のレッスン参観に行った時・・・

【先生】そのうち、発表会をやりたいと思っています♪  お父さんも出てくださいね♫

【ビン父】考えておきます・・・

 

という会話がありました。

まさか本当に依頼があるとは・・・

 

楽譜を見ると、長女のパートより簡単なのは間違いありません。

明らかに難しそうなところは、先生が✖️をつけてくれています。

弾かなくてよいところのようです。

 

とはいえ、繰り返しがあったりして、それなりに長い曲です。

しかも両手を使います。

 

私は音楽に関しては全くの素人。

ピアノもほとんど触ったことがありません。

 

そんな私が、4〜5カ月の練習で弾けるようになるのか・・・⁉︎

しかも観客の皆さんが見ている舞台のうえで・・・ 

 

しかし、お世話になっている先生からの依頼です。

断るという選択肢はありません。

 

翌日から始まったピアノ練習の日々・・・

 

 

続きは次回・・・

 

 

 【今日のひとこと】 "発表会、出ると決めたら練習あるのみ!"

  

www.mamepapa.com