習い事(ピアノ⑤)初心者・ビーンズ父さん 初めてのレッスン

前回の「習い事(ピアノ④)初心者・ビーンズ父さん 練習の日々」の続きです。 

www.mamepapa.com

 

先生から「発表会に出てください ♪」という依頼を受け、長女(当時小3)との連弾で出ることになりました。

 

依頼があったのは5月。

 発表会は10月。

 

5月から始まったピアノ練習の日々・・・

 

そして・・・

発表会まであと2カ月となった8月のある日、長女と一緒にピアノ教室へ。

 

そうです。

人生初のピアノレッスンです。

 

 

教室に入ると、さっそく私と長女の連弾を先生に聴いていただくことに・・・

 

【ビン父&長女】(曲演奏開始)♫♪♬♩♫♩♬♪・・

       〜緊張しつつも何とか間違えずに最後まで終了〜

【先生】パチパチパチ(拍手)、素晴らしいです!  お父さん頑張りましたね!

【ビン父】・・ありがとうございます。

(心の声:拍手つきで褒めていただくほど大したことないと思いますが・・・)

 

その後、「ここの弾き方をこうしたらもっと良くなりますよ!」など、細かい指導がありました。

 

正直なところ、楽譜どおり間違えないように弾くのが精一杯です。

音の強弱などの表現を考えている余裕は全くありません。

 

それでも、先生は感心した様子で思い切り褒めてくれました。

 

子どもに対しても褒めて育てるタイプで、感情的に怒ったりすることはありません。

「とにかく優しい」という評判の先生でした。

 

やはり褒めてもらうと悪い気はしません。

このまま頑張ろう!、という気になります。

これは、大人も子どもも同じです。

 

レッスンが終わった後、「発表会まで頑張って練習しよう!」と気分良く帰宅しました。

 

 

そして2カ月後に迎えた発表会・・・

 

 

続きは次回。

 

 

【今日のひとこと】 "ビン父も 褒めてもらえば ピアノ弾く"

  

www.mamepapa.com