中学校の定期テスト(次女②) 父は縁の下の力持ち! 特に副教科・・・

次女が中学校に入学してから約1ヵ月半後の5月下旬に実施された「1学期中間テスト」。  

www.mamepapa.com

 

この初めての定期テストで、次女は予想以上に頑張りました。

 

 結果は、5教科合計で450点(90%)に10点ほど足りないくらいでした。

 全教科80点以上。

上出来です!

 

ただ、中学3年間の定期テストで、これが最高記録。

その後の定期テストの5教科合計は、良い時で425点(85%)を少し超えるくらい。

悪い時は375点(75%)くらい。

 

浮き沈みが激しかった数学では、「このテストは50点満点か?」という点数を取ってきたことも・・・

 

テスト前以外は、平日だけでなく休日も朝から夕方まで吹奏楽部の練習。

部活動に力を入れ過ぎて、中3になるまで勉強への意欲は高いとは言えませんでした。

 

そんな中、3年間の平均で何とか8割程度の水準を維持。

次女なりによく頑張りました。

 

 📙 📙 📙 📙 📙 📙 📙

 

一方、次女だけでなく、私も定期テスト対策には時間を割きました。

 

たとえば・・・

・テスト2週間前くらいから、各教科の勉強時間の配分・勉強の進め方を一緒に考える。

・土日はできる限り一緒に勉強する。居眠りしそうになったら起こすor仮眠させる。

・副教科は、教科書とプリントをコピーして、重要語句に暗記ペンでマーカーを塗る。

 ・・・など。

 

特に、副教科のテスト対策は手間がかかりました。

テストがあるのは期末だけでしたが、4教科(音楽・美術・保体・技家)もあります。

 

まず、1枚5円のコピー機が置いてある近所の本屋へ。

副教科4教科分の教科書とプリントをひたすらコピーします。

毎回少なくとも60ページ以上はあったでしょうか・・・ 

 

自宅にある家庭用コピー機では時間がかかるので、本屋のコピー機の方が効率的です。

60ページで300円、80ページでも400円。

大した金額ではありません。

 

コピーした後、重要語句に暗記マーカーを塗ります。

プリントは、穴埋め形式になっていれば、その穴埋め箇所。

教科書は太字用語。

ここまでは簡単です。

 

あとは、「これはテストに出そうだ!」という用語に暗記マーカーを塗ります。

ただし、そのためには、教科書やプリントの内容を把握しなければなりません。

副教科4教科分を完成させるのは、結構時間がかかりました・・・

 

教科ごとにクリアファイルに入れておけば、すぐに取り出して勉強を開始できます。

暗記マーカーを塗ってあるので、覚えるところも一目瞭然です。

 

教科書の●●ページを開いて・・・

プリントを閉じてあるファイルを開いて・・・

などの手間も省けるし、非常に効率的だったと思います。

 

次女は、この"テスト対策プリント"を活用してくれました。

副教科はそんなにひねった問題は出ないので、ある程度勉強すれば結果は出やすいはずです。

次女の副教科のテスト結果は、平均すると9割前後くらいでした。

 5教科よりも、よくできていたかもしれません。

 

 📙 📙 📙 📙 📙 📙 📙

 

ある時、私が作った"テスト対策プリント"を見た長女が次女に一言。

「えぇ~!?、そこまでやってもらってんの!? そら頑張らなアカンやろ。」

 

長女は自分一人でしっかり勉強していたので、定期テスト対策もほぼ放任状態でした。

次女と差がありすぎてゴメンな・・・

 

 

【今日のひとこと】"副教科対策は、教科書&プリントのコピーと暗記マーカー。"